医療脱毛

医療脱毛とはどんな脱毛方法なのか

私たちは医療脱毛と聞くとエステで行う脱毛と違いがないのでは思います。ところが、実際には大きく異なります。

医療脱毛では毛を丸ごと処理してしまいます。つまり、発毛に関する細胞を処理して、永久脱毛を行うという方法です。なので、細胞を処理するということから医療行為に当たるため医療脱毛と呼ばれます。これに対して、エステにおける脱毛は発毛に関する細胞の動きを止めるだけなので医療行為ではありませんし、完全に脱毛をすることができません。医療機関で脱毛を行うとトラブルが起きることありますが、医師がいるので万が一の場合でもトラブル処理をすることができます。

では、誰が処理を行うのでしょうか。女性の場合、男性に処理をしてもらうのは抵抗感がありますが、実際には看護師が行います。なので、医師が男性であっても看護師さんは女性であることがほとんどです。脱毛効果は1回の脱毛処理で効果が出るわけではありません。何回か脱毛処理を行うことによって効果が発揮されるのです。

医療脱毛とサロンでの脱毛の違い

現在では多くの方が脱毛をしています。脱毛をする場合、医療機関で行う方、エステサロンで行う方どちらもいます。そこで、どっちでやるのが良いのかという疑問がわいてきます。脱毛には大きく分けて二種類あり、レーザー脱毛と光脱毛があります。このレーザー脱毛ですが、これは医療行為にあたります。なので、医療機関か医師免許を持った人がいるサロンでしか受ける事が出来ないんです。

レーザー脱毛というのは、脱毛効果が非常に高いぶん、使う場合には知識と技術が必要になってきます。逆に、光脱毛は安全性が高く、サロンなどでも行えます。なので、自分の目的にあった脱毛方法を選ぶ事が重要になってきます。医療脱毛を行う場合には、しっかりとした病院で、医師と相談して行う事が大事となってきます。医療脱毛は誰も行なっていいものではありません。しっかりと、行う病院を事前に調べて行うようにしましょう。もしくは、リスクの低い光脱毛を選ぶのも良いです。

医療用レーザー脱毛の効果

脱毛と言えばエステサロンで行うものだと思っている人が多いと思いますが、美容外科クリニックでは医療用レーザー脱毛が行われていて、非常に効果の高い脱毛方法だと言われています。医療用と言う名称からもわかる通り、医療機関でなければできない施術ととなりますので、エステサロンの脱毛とは効果の高さが違うと言えます。

医療用レーザー脱毛で使用する機器は、エステサロンで使われている脱毛機器とは出力や性能が異なるため、効果の高さが違うのも当然だと言えますが、医療行為であると言う点にも効果の高さをうかがい知ることができます。効果の高さに比例して費用も高額となりますが、永久脱毛として考えれば効果の高さによってコストパフォーマンスは高いと言えます。医療用レーザー脱毛では、その仕組みから色素沈着の濃い部分には向いておらず、産毛に対しての効果も低くなっていますので、完璧な脱毛を目指すのであれば他の脱毛方法と併用していくことも大切だと言えます。
詳しくは⇒医療レーザー脱毛でのIライン処理ガイド

効果的なレーザー脱毛のやりかた

最近では多くの脱毛方法が生まれています。器具をつかえば、自宅でも簡単に脱毛を行うことができますし、医療機関を利用することもできます。これらのどちらで脱毛をするかは、自分の都合に合わせて選択することができます。特に、時間のない人にとっては自宅で処理をできるとなれば、そちらを選ぶと良いです。自宅での処理は、自分の好きな時間に行うことができます。
これは大きな利点です。現在では高機能な家庭用レーザー脱毛器が販売されていますので、それらを用いれば医療機関とほぼ同等の処理を行うことができるのです。そこで、効果的なレーザー脱毛のやり方をご紹介します。レーザー脱毛というものは、一回行っただけでは効果はありません。ムダ毛の毛周期にあわせた施術が必要となります。ムダ毛は自然に抜けるものなので、抜けた後に生えなくするのがレーザー脱毛です。ですから、この周期に合ったサイクルでレーザーを照射するのが効果的です。決して、毎日レーザーを照射しても意味がありません。